スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故、八ヶ岳に

私が生まれたのは横浜。その後結婚して、今は足立区に住んでます。
40代も後半になる今までいわゆる都会というところしか住んだことがありません。
そんな私が(家族3人が)都会から田舎へ移住することを考え始めたのはつい1年前の事。

きっかけは、息子と同じ保育園に通う仲良くなった家族との交流から始まった。
集まった3家族で、いろいろな場所に遊びにいったり、酒を飲んだりするうちに誰からか
「田舎に住みたい!」という発言が・・
みんな都会の生活に何かしら疑問を感じていたのでしょう。
話が現実的になり、何処に住もうかと候補をだしたひとつが八ヶ岳でした。

田舎に暮らしたいと言っても、農業する訳ではないので、本当の田舎には住めません。
東京から3時間以内で、別荘や移住者の多い地域、少しは都会を感じさせる店なんかあるほうがいいかな?

3家族の父達の職業は、うちがカメラマン、2人はコピーライターにイタリアンのシェフ。
別荘地でなら観光客相手に、シェフを中心として何かできるでしょうという考えでした。

軽井沢に視察の行き、すでに完成された別荘地では、私達がいく意味がないと結論し、次に行ったのが八ヶ岳(正確には清里です)でした。
透き通る空気と、溢れる緑、そして山々。
清里から大泉に向かう途中、皆が何か感じる物があったようでした。

最初の計画では3家族で1000坪の土地を買って、店と住居を建てよう!
いうことだったので白州、小淵沢、大泉、高根など何件か見学しました。
でも、なかなか3家族が納得して、さらに同時期にお金を用意して土地を買うのは難しい事でした。

方向転換しなくてはならない時、シェフ一家に店舗付住宅の賃貸話が持ち上がり、トントン拍子で話が進んで行くかと思った矢先、諸事情により賃貸話はおじゃんになってしまいました。
でも、一家は他に職を見つけ2008年4月に、移住を決行しました。

もうひとつの家族は、土地を探すのは現地でじっくりと検討するという方向になり、とりあえず賃貸住宅を借りて6月から東京との二重生活をはじめています。

わが家族はというと、移住するなら家を建てて移住したい!と思っていたので、日々土地探し。
泉小学校の学区内に限定して探し始め、4.5件見学したけれど、なかなかいい物件がない。
いい物件があっても、今度は値段が高くて買えない。

そうこうしているうちに、ネットで見つけた不動産やさんに、格安物件が!
それも信じられないほど安い(今までの1/4の価格)
どうせ難あり物件でしょうと思いつつ見学した土地だったけれど、行ってみてびっくり!
小学校、スーパーがすぐそばにあり、小高い丘の中腹なので、目の前に「富士山」
おまけに裏には手付かずの「森」がある。
水道だって引いてあるじゃない♪(今まで井戸を掘る物件多かったので)

値段が値段だけに、即決しちゃいました。
そんなこんなで、八ヶ岳南麓北杜市谷戸に家を建てる事になりました。

前置きが長くなりすぎたけれど、これから念願のドイツハウスが建つまでをブログに書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

セカンドハウスローンって?

なんとか土地は確保しました。値段が安かったのできれいさっぱり現金払い♪
でも家を建てると、よっぽどお金がある人意外は「住宅ローン」を借りる事になるでしょう。
私の場合ももちろんローンを申請しました。それも「セカンドハウスローン」
なぜ、住宅ローンではないかといえば
①今の持ち家で住宅ローンを使っている。(夫が)
②完成した時点で、その家に住まない場合は住宅ローンとならない
という理由から
セカンドハウスローンと住宅ローンも、建物を担保にしてお金を借りるのは同じ事。
金利もほとんど同じ。じゃ何が違うかといえば・・・
住宅ローンなら、銀行の取引に応じて金利優遇とかある。
そして大きな違いは「住宅ローン減税」が使えるか使えないかという点。
もちろんセカンドハウスローンは使えませ~ん!!
でも今の時点では、セカンドハウスローンしか申し込めないのでしかたないよね。

長期固定ローンの「フラット35」でもセカンドハウスローンは使えますが、何回か検査を受けなかればならないのが面倒(もちろん検査料は自腹です)なので、今回は銀行で申しこむ事にしました。
(フラット35の繰上げ返済料無料は魅力だけどね)
セカンドハウスローンを扱っていて、自分の給与振込み銀行でもある、みずほ銀行へ申し込み。
先週の火曜日に行ったのだけど、ほぼ午前中いっぱいかっかってしまった。
みずほの場合、ネットで事前申し込みとかできないんので、直接行くしかないない!
それも休日ローン相談会なんて開いてるくせに、その日に申し込みはできない!という殿様商売。

でも私が単独で申し込むので、少しでも有利にと給与振込み銀行を選らんだ訳です。
1週間くらいで返事がきますと言っていたので、今か今かと待っていたら今日電話がありました。
「あの~、ご主人様が保証人になって頂けるでしょうか?その条件が必須ですのでもう一度申し込みに来てください」
何~!!女だから貸してくれないのか?夫と私が別じゃいけないの?
全くもって、ここでも都市銀行の横柄さに「頭がきました」

今の家は地元の信金でローン組んだんだけど、その時は自宅まで銀行員が手続きに来てくれたのにに、大違いだわ。
でも、借りないわけには家が建たないので、大人しく従う事にしました。
これで、貸してくれなかったら殴りこんじゃうからね!
結果はまた来週・・・

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

1010

Author:1010
生まれは横浜、結婚後は東京かれこれ40数年都会暮らしです。
残りの人生は全く新しい場所で、今までと違う生活をしたいと思ってます。
そんな私が選んだ場所が八ヶ岳。
そこにドイツハウスを建築しました。
2009年4月より、八ヶ岳は大泉で生活を始めました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。